350 Steam DC Oven Meister

焼く、蒸す、煮る、温める。スチームディーシーオーブンの魅力をご紹介します料理イメージ

[350 Steam DC Oven]
ナオモトのスチームDCオーブンは、過熱水蒸気を使った全く新しい調理器具です。

過熱水蒸気とは、水を沸騰させて発生した水蒸気をさらに加熱し、100℃以上の状態にした無色透明な気体のことです。
ナオモトのオーブンは、電子レンジやスチームコンベクションと違い、独自の技術で実現した120℃~400℃の過熱水蒸気を食材に直接噴射して調理することで、焼き上がりが驚くほど早く、しかも熱を均一に伝えるため、素材の旨みや栄養素をほとんど逃がしません。

過熱水蒸気の仕組みとDCオーブンの仕組み
メリットいっぱい!過熱水蒸気オーブンの広がる大きな可能性

[過熱水蒸気オーブンの特長]

はやい!

・遠赤外線の効果で食材の中までスピーディに加熱

・高温スチームが食材を包むように、一気に焼き上げる

・臭いうつりがないから違う食材も同時に焼ける

・冷凍食材も解凍せずにそのまま調理できる

おいしい!

・外はパリッとこんがり、中はふんわり、冷めてもおいしい

・ドリップが少ないから冷凍食品もそのまま調理

・表面をすばやく焼き上げジューシーな旨みをキープ

・旨みを逃さず歩留まりが良い

ヘルシー!

・アミノ酸やビタミンなどの豊富な栄養素を逃さない

・無酸素に近い状態で調理し、食材の酸化を抑える

・油をまったく使わず食材本来の油分だけで調理

・気になるカロリーを抑え、塩分も大幅カット

  • ナオモトのスチームは“完全気体”
  • 他社機器の場合、実際は水分を含んだ、ミストに近いスチームであることが少なくありません。ナオモトのスチームはその名のとおり、無色透明の完全な気体。料理の仕上がりに大きな差が出ます。
  • ±1℃の温度コントロール
  • 保温状態の良し悪しは、食材の美味しさを大きく左右します。ナオモトは、独自の技術で±1℃という繊細な温度コントロールを実現。食材ごとにベストな温度管理を可能にします。

350スチームDCオーブンラインナップ

DC-Quto(QF-5200C) NF-5020C QF-5135CB NF-5050C
DC-Quto (QF-5200C)
コンパクトな
本格派スチームオーブン
DF-5021/DFA-5021
DC Ovenで人気のある
スタンダードタイプ
QF-5135CB
小型コンベアタイプ
NF-5050C
大きい角バッドの調理が可能
幅広コンベアタイプ
DFC-240W QFB-5980C エアロスチームオーブン(DFC-560A-2R-CE) 上下2段式過熱水蒸気オーブン(DFC-560-2R-V2)
DFC-240W
レーンごとに設定可能!
2レーンのコンベアタイプ
QFB-5980C
大量調理に最適!
大型コンベアタイプ
DFC-560A-2R-CE
過熱水蒸気&熱風混合式
エアロスチームオーブン
DFC-560-2R-V2
省スペースで大量調理が可能
上下2段式過熱水蒸気オーブン

調理の常識を変える、圧倒的な「熱量」。これが過熱水蒸気のしくみです。

ステップ1

通常、水1gが1℃上がる、または1℃下がるときには4.184J(1cal)の熱量が必要となります。

また、水蒸気1gが1℃上がる、または1℃下がるときには2.092J(0.5cal)の熱量が必要となります。

水と水蒸気の温度がプラスマイナス1℃になるときに必要な熱量
ステップ2

一方、100℃の水が100℃の水蒸気になるときには、2.255(539cal)の熱量が必要となります。

また、100℃の水蒸気から100℃の水になる時も、同じく2.255(539cal)の熱量が必要です。

水と水蒸気の温度が100℃になるときに必要な熱量
ステップ3

「350スチームDCオーブンシリーズは」は350℃の過熱水蒸気が食材に触れると、その表面で一気に100℃の水に変わります。

350℃の過熱水蒸気が食材に触れるときの熱の伝わり方
ステップ4
この時の熱量の変化を数式で表すと、次のようになります。

125cal+539cal=664cal
100℃の水と比べて、過熱水蒸気には6.64倍もの熱量があります!